賃貸物件は家主の財産。維持も修理も家主の役割

原状回復費用のガイドライン

賃貸物件を退去する際の原状回復費用については、国からガイドラインが出ています。ただしこれは法律ではありません。原状回復費用としての請求内容に納得がいかなかった場合は、裁判で決着させることができます。少額訴訟なら、1日で結審しますので、時間も費用もそれほどかかりません。以前は退去する入居者に対し、次の入居者のための全面リフォーム費用まで請求する例もあったようです。そのまま支払っていた人も多かったんでしょうね。

新品交換するのは家主の役割でしょう

でも異議を唱えて諦めず、裁判に訴えて、最高裁まで行ってくれた先人の方々がいてくださったおかげで、それほど無体な請求はされづらくなっています。考えたら賃貸物件って家主の財産ですものね。家は人が住まないとすぐ劣化するのは、誰もが知るところです。放っておいても、数年したら、入居者を募れるような状態じゃなくなるわけで、リフォームは必要でしょう。入居者が出ていくたびに新品交換して返せっていうのは、おかしな話ですよ。

経年劣化でいつかは壊れる場に居合わせた

賃貸住宅内の設備は、いつかは壊れるものです。新品交換後に使っていたのならともかく、そうでないなら、壊れたときにちょうどその場に居合わせたってことですよ。数年使ったのだから入居者の責任、なんてことにはなりません。賃貸住宅に住み慣れていない人の中には、壊れたことに責任を感じたり、家主に修理を依頼しづらく思ったりする例もあるようですが、設備や備品が正常に使えることを前提とした家賃なのですから、すぐ、修理、交換を要請しましょう。

札幌市清田区の賃貸物件を探す時には、アパートやマンションなど、どんな物件に住みたいかを考えるようにしましょう。