できるだけ安く手に入れるなら居抜き物件がいい

居抜き物件とは何か?

最近、居抜き物件と言う言葉がはやっています。居抜き物件は一戸建て住宅やマンションを購入する人には余り関係ありませんが、店舗を開きたい人にとっては大いに関係がある物件になります。居抜き物件とは、テナントに加えて、すでに設備が整っている物件のことを言います。例えば、ラーメン屋を開く場合なら、ラーメン屋の居抜き物件ならカウンターや椅子、冷蔵庫や冷凍庫、場合によっては券売機まで置いてある可能性もあるのです。

居抜き物件は借主以外にもお得

居抜き物件は借主にとってはお得になります。すでに設備が整っているからです。まだ足りていない設備を整えたり、備品を購入すればよいことになります。一般的には普通のテナントを借りるよりも初期費用を3分の1程度まで安くすることができるのです。このように考えると借主にとってもお得になります。ただし、自分が必要としない設備が置いてあることもあります。この時には、前の借主やオーナーと話し合って処分を決めた方が良さそうです。

貸し主にとってもお得感がある

居抜き物件は新しい借主や前の借主にとっては大きなメリットがありますが、実は貸し主にとっても大きなメリットがあると言えます。オーナーとして意識したいのは、いかに空室期間を短くするかと言うことです。居抜き物件にしておけば、入居者が限定される代わりに、入居率も高くなりますし、前の借主に「退去するまでに新しい借主を見つけることを条件に居抜きを認める」というのであれば、空室期間も短期間で済むことになります。

リフォームされた店舗物件に入居する場合、外観や内装以外に店舗の設備の状態を確認することが大切です。業種によっては設備が古いと仕事に支障が及ぶことがあるので、事前の下見が不可欠になります。