賃貸住宅が余っているのに新築され続ける理由

賃貸派にとっては好ましい

人口減少で、賃貸住宅は空き室率が増えています。それでも賃貸住宅の新築が続いています。土地を持て余している人が賃貸住宅を建てる際に、金を借りてほしくて、金融機関が盛んに勧めるからもあるようですね。持て余しているだけのほうが土地所有者にとっては結果的にいいということになるのかどうかはわかりませんが、現状では建てたほうが儲かりそうな事情があるのでしょう。賃貸派にとっては、借り手市場が実現できそうで、好ましいことです。

もっと余ってもっと借り手市場に

わが国では長く住宅不足が続いていて、賃貸住宅も貸し手市場でした。大家と店子という言葉からもわかるように、とても対等な関係とは言えません。礼金という習慣もまだ根強く残っています。需給関係をそのまま反映するなら、礼金の方向が違うわけですが、家賃無料期間、商品券プレゼントといった名目で、借り手に贈られる傾向も出てきています。だって部屋が余ってガラガラなんですもの。でも、何百年も続いてきただろう慣習って、なかなか変わらないですね。

新築物件がさらに供給されれば

空き室率が増えていて、さらに新築物件が供給され続ければ、賃貸派にとってはワクワクする将来が予想されるわけですが、移民の受け入れって、まさかそれを妨げるためになされようとしているんじゃないですよね。住宅不足の状態を望む人って、ごく一握りしかいないはずで、ほとんどの日本人にとって、住宅不足が解消されたことは望ましいことのはず。この状態を、これじゃあ困るんだ、という人よりも、喜んでいる多くの人のほうに目を向けてほしいですね。

広くて安い家に住みたい方には、帯広の賃貸がおすすめです。帯広は北海道に位置するので、広い面積の賃貸でもリーズナブルなお値段で住むことができます。