賃貸物件入居で利用する家賃保証会社の審査

家賃保証会社の増加と普及

賃貸物件を借りるときには、以前は親族の連帯保証を求められました。でも現在は、家賃保証会社の利用が家主によって義務付けられていて、連帯保証人はいらなくなり、賃貸物件が非常に借りやすくなっています。連帯保証人が用意できない人なんてたくさんいますからね。依頼できても依頼したくない、迷惑をかけたくないってケースも多いでしょう。それに、家主にしたって、親族の個人保証じゃ心もとないでしょう。家賃保証会社が増えて、利用するのが普通になってきたことは、喜ばしいことですね。誰にとっても。

家賃保証会社のおこなう審査

ただ、家賃保証会社を利用するのにも審査はあります。不動産会社が大丈夫だろうと判断した借り手でも、断られることがないわけではありません。ほとんどは利用できるようですが、やはり本人の支払い能力に見合った家賃であることが大事なようです。クレジットカード払いにすることで、審査に通りやすくなったりもします。クレジットカード払いで滞納する人って少ないんでしょうね。さんざ使って自己破産とか、話題になることもありますけど、例外中の例外なんでしょう。

滞納したら立て替えてはもらえるが

家賃保証会社を利用していて、家賃を滞納したら、家賃保証会社が一時的に立て替えてはくれますが、あとで必ず返さなくてはなりません。ここが親族の連帯保証人と違うところですね。大目に見るなんてことはあり得ませんから、いずれは返すことになります。家賃保証会社って、なんで今までなかったんだろうって思うくらい、リーズナブルな制度ですね。増えて普及してきていることからすると、採算が合っているんでしょうし。今後もずっと続いてほしいです。

森の賃貸を利用するために、まずはニーズの高い物件のデザインや立地などに注目をすることが求められます。