いろいろなマンションがある!?中古マンションの選びかた

住居用に買うなら新しい物件がお得

自分で住むために中古マンションを購入する場合には、できるだけ新しいマンションを購入するほうがお得な場合があります。なぜならば、住居用に購入する場合には、それなりに長い間住むことになりますから、耐用年数ぎりぎりのマンションを購入してしまうと、購入後すぐに建て替えになってしまうこともあるからです。マンションを購入する際に、マイホームとして安い中古マンションを購入される方は、まずそのマンションの築年数に着目しましょう。

投資用に購入するなら人気のエリアで

中古マンションを投資用に購入される場合には、人気のエリアでマンション物件購入しましょう。人気のエリアの場合には、購入してすぐに入居者が見つかるケースが多く、空き部屋にならずに有効に物件を運用していくことができます。投資用マンションの場合には中古マンションの数もかなり多いので、一棟購入するのか、一室を購入して運用していくのかを考えてから選びましょう。投資用に購入する場合には、物件の良し悪しよりも、立地が大事です。

お得なリノベーション物件

最近では中古マンションでもすぐに買い手が見つかるように、前のオーナーがリノベーション工事をしているところも多くなっています。リノベーション工事というのは、内装部分を新しくして、新居のような状態にする工事であり、こうした物件に住むことで中古ながらも新築と同等の空間を購入できる場合があります。リノベーション物件は少々割高になりますが、新築のようなマンションに住んでみたいと思っている方なら最適なマンションです。

既存の建物に改修工事をして、デザインや性能を新築時よりも高めて付加価値を与えることを「リノベーション」と言います。「リノベーションマンション」とはこの工事を施したマンションのことです。