貸したい家主の増加で家賃保証会社の運営は好調

なぜ以前はなかったのか

近頃は、家賃保証会社の利用を義務づけている物件が増えてきています。これは借り手にとってもたいへん好ましい変化です。連帯保証人を立てる必要がなくなったのですから。連帯保証人を立てるくらいなら、保証会社に毎年であろうと保証料を支払うほうがずっといいと思っている借り手は多いはずです。なぜ以前はこうした制度がなかったんだろうと思うくらいです。家主だって、連帯保証人の個人保証より、家賃保証会社の保証のほうがいいに決まっているのに。

借り手市場になったから

以前は住宅不足で、空き室はすぐ埋まったから、連帯保証人を用意できない借り手をみんな断っていてもやっていけたんでしょうね。でも、人口が減少し始め、右肩上がりが当然だった家賃もついに下がり始め、空き室率は増える一方。それでも新築の賃貸物件は続々とつくられ続けるとなって、連帯保証人を用意できない借り手をいちいち断ってるわけにもいかなくなったんでしょう。家主はとにかく貸したい。貸したいと願って積極的になんとかしないと部屋が埋まらなくなったのでしょう。

空き室率がさらに上がれば

このまま空き室率が上がっていけば、家賃保証会社の利用料が家主負担なんてことも起こり得るかもしれません。現に、礼金ゼロ物件が珍しくなくなり、代わって、入居者には家賃無料期間や、商品券がプレゼントされるようになってきました。借り手にとってはうれしい変化の連続です。連帯保証人を要求され、礼金も支払わされ、原状回復費用も請求されるがままで、という状況がずいぶん変わってきましたからね。すべて空き室率増加のおかげです。日本人全体からすると、利益を得ている人のほうが多いような気がするんですけどね。

札幌の賃貸とは札幌市の賃貸住宅のことです。札幌で借りられる住宅はアパートのほかにマンションと一軒家があります。